容器について

「真・水素水」は、なぜペットボトルやアルミ缶などではなく、4層構造のアルミパウチを採用しているか。

パッケージ画像

水素は非常に小さな物質で、ペットボトルのような素材では簡単に通過してしまい水素が抜けてしまいます。それに加えて紫外線にも弱い為、遮光性のある素材 が必要になります。

また、水素は空気と触れるとすぐに抜けてしまいます。その点アルミパウチ容器であれば、飲み残しても容器を押さえて空気を押し出して 再びキャップを閉めれば、水素が抜けるのを最小限に抑えることができます。
ビンやアルミ缶では空気を抜くことができないため、一度栓を開けると一気に全部飲まなけ ればならないという欠点があります。

また、4層のフィルムの一番内側には臭い移りを防ぐ素材を採用していますので、いやな臭いがすることもありません。

また、アルミパウチであれば冷凍したり、湯煎して暖めることもできます。

以上のような理由で、現時点では4層アルミパウチが水素水にとって理想の容器と言えます。

ナノ水素水「真・水素水」WEBサイト

販売店募集のご案内

メディア掲載